大雪 

北日本の大雪、

想像以上に大変なことになってますね。

酸ヶ湯温泉は五m超え!?

その、酸ヶ湯温泉の次に多いんじゃないかってくらい

実家の方も降ったみたいです。

朝まだ明けない時間から

雪かきしないといけないし

日に何度もしないといけないし。

窓の高さまであるから、

家の中が暗いよって嘆いてました。



これがね。

エネルギーに変換できたり

雪かきの労働に対価があればね。


雪のない東京は


それだけで有難い有難い。

お部屋に素敵なチョークアート♡ 

多彩な趣味をお持ちのお客様から

こんな素敵なチョークアートをプレゼントしていただきました\(^o^)/





素敵でしょ♡

素敵でしょ♡

壁につける金具がないので

まだカウンターに置いてあるのですが

見るたびに心うきうき\(^o^)/

気分も上がります♡


見にきてね。

実物はもっといいですよ。

第1612回「あなたは毒舌ですか?」 

こんにちは!トラックバックテーマ担当の新村です今日のテーマは「あなたは毒舌ですか?」です!最近テレビでも多いのが、毒舌キャラ。あなたはどうですか?毒は吐けますか?私は仲良い友達に対しては、結構毒を吐きます何言っても大丈夫かなっていう安心がそうさせていますね周りの友達でも、結構毒舌な人は多いです。話を聞いてると楽しいですが、たまに怖いです毒舌な友達は怖い部分もありますが、ある意味尊敬できる部分もあり...
FC2 トラックバックテーマ:「あなたは毒舌ですか?」



毒舌ですよ~~

結婚前にずいぶんと肥っていて

グレート義太夫さんみたいだったうちのだんなさま。

結婚してからやせてきたのは

わたしの

毎日の毒舌のせいに他ありません。

お金のかからないダイエット法ですね。

毒舌って

だんだん慣れてきて

言われるのも快感になるのかしらん(笑)


答えは自分の中に 

女性のお客様とは

個室で二人になるせいか

内面的な話になったりします。

人付き合いのこととかね。

>こんな仕事だからお母さん同士の付き合いってしてこなかった(できなかった)

「バス旅行なんか、誰と行くの?」

>同業者(笑)

なんて。

あたりまえと思って来たし

できないことを悲観してもしょうがないしね。

それに最近、【ともだち】ってなんだろうって考えてもいました。




最後のお客様はもうすぐ定年を迎えるかたです。

「あなたの仕事はいいわね、ずっとできるし」

そんな話から

休みには講習にいくこと、

仕事のことを話し合うのはとても楽しいこと、

つい自分のことを話していました。

>今が1番充実してます!

そんな言葉がスラスラでてきて

自分で話しながら

[あぁそうだったんだ]って気づいたきぶん。

自分の気持ちを確認したってかんじ。



ご近所の奥様付き合いや

子どもの関係の親同士のお付き合いはできてないけれど

頑張る仲間がいる、ってこと。

すごくうれしい!

だから

講習に行かせてくれる家族にも大感謝です。

ありがとう。

シアワセはどこにあるのか 

町田で開催された

神奈川理容師カフェに参加させていただきました。

【心の経営 あなたはどんな人?】

お客様をもっと知るため、

自分をもっと知ってもらうため、

まずは自分を知ろう、

心理カウンセラーである理容店経営者の仲矢先生のお話です。


自分を知るって難しい。

大事にしたいのはなにか。

いらないモノは何か。

命に期限があったら何をするのか。

あらためて考えることはあまりないことですよね。


若いうちにはそんなに気にしなかったことも

この年になってくると

ずっしりと迫ってくるものがあります。

避けたり逃げたりできない現実。


そして

今ココニアルことは奇跡なのかもしれないしね。

誰かをシアワセにするためには

まず自分がシアワセなココロで満足感をもつことが大事なんだね。


先生のお話を聞きながら

以前読んだモノを思い出しました。


以下、コピペです。


………☆………☆……☆……☆………



『親が死ぬまでにしたい55のこと』


親が現在60歳で、80歳まで生きると仮定した場合、
親と過ごせる時間を計算すると、
1年間に、お正月とお盆に3日ずつ、計6日会えるとしたら、

親と過ごせる時間:20年×6日=120日

たったこれだけの日にちしか一緒に過ごす事が出来ない。




<<親が死ぬまでにしたい55のこと>>

【親に聞いておきたいこと】
1、母子手帳を見せてもらう
2、親の初恋を聞く
3、自分が生まれたときの話を聞く
4、我が家の味を教えてもらう
5、親を心配させてたことを聞く
6、自分が最初にしゃべった言葉を聞く
7、両親の馴れ初めを聞く
8、自分の名前の由来を聞く
9、初めてぶたれたときの話を聞く
10、親の夢を聞く
11、親の悩みを聞く
12、親にとって仕事とは何かを聞く



【親と一緒にしておきたいこと】
13、父に腕組みしてあげる
14、家族揃って記念写真を撮る
15、親と一緒に酒を酌み交わす
16、親の若い頃の写真を見る
17、親子でショッピングに出かける
18、親の趣味を共有する
19、父とキャッチボールをする
20、親を一緒にアルバムを見る
21、親と一緒にコンサートに行く
22、一緒にディズニーランドに行く
23、お正月を一緒に過ごす



【あなた自身がしておきたいこと】
24、親の好きなところを10個書き出す
25、親のビデオを撮っておく
26、親が自分にかけたお金を計算する
27、余命宣告するべきか考えておく
28、家族が集う日を決める
29、親の誕生日を手帳に記す
30、携帯電話で親の写真を撮る
31、親とケンカしたことを思い出す
32、親の名前を改めて書いてみる



【親のためにしてあげたい親孝行】
33、親の肩をもんであげる
34、親に手料理をふるまう
35、オーダーメイドの服を仕立ててあげる
36、孫を抱かせてあげる
37、自分で稼いだお金でご馳走する
38、両親を思い出の場所に連れて行く
39、親を海外旅行に連れて行く
40、親に花をプレゼントする
41、親を人間ドッグに招待する
42、大切な品を買い戻してあげる
43、自分の誕生日に親へプレゼントする
44、メールの操作を教えてあげる
45、親の背中を流す
46、おふくろの料理を喜んで食べる
47、親の髪を切ってあげる
48、年末の大掃除を手伝う
49、親のカレンダーを作ってあげる
50、用事がなくても親に電話してみる
51、親の結婚記念日をお祝いする
52、親が買ってくれた嬉しかったものを話す



【全国から寄せられた中から特に多かった3つ】
53、親に手紙を送る
54、親にありがとうと伝える
55、親に会いに行く




『親が死ぬまでにしたい55のこと』 

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4803001898/ref=redir_mdp_mobile

ふわふわ粘土で3D 

雪降りましたね~。

だけどココロはぽっかぽか。

なぜか?




こんなんできましたー♡

楽しかったよ!

軽~いふわふわの粘土。

こねてるだけできもちいいの。

これでもう少しわたしに

絵心とか芸術性とかあったらなぁ。

なーんて思いましたが、

ヘタもアジとして(笑)。

先生のこしらえる

お花は

魔法みたいでしたよ♡



やってみたくないですか(^з^)-☆

4月にまた、開催されるみたいで~す♩

内緒でキレイになる!? 

学生のとき

テストになると、

勉強した?

全然してなーい

そんな会話、なかった?

そっか、みんなしてないから平気かな、って

馬鹿正直なあたくしはホッとしたのもつかの間、

後になってみんなやってたことがわかり

がく然としたものでした(笑)


いまじゃ

「肌きれいね、何かやってるの?」

「ううん、何もしてない」

テレビでも女優さんが、にっこり。


そんなわけないよね~(笑)。


女優さんみたいにはお金も時間もかけられません。


でもキレイでいたい。

そんなためにあるのが、お顔そり♡


わたしもやってもらわなくっちゃ♪(´ε` )

あなたから買いたいあなただからお願いしたい 

なんとなく久しぶりな気がする

理容師カフェ。

市ヶ谷まで馳せ参じてきました。




初めての理容店にあえて新規客となって

その不安を解消することから

集客につなげる独自のチラシを作っていらっしゃる

村上さんが講師です。

こんなパーマができるよ、とか

こんなトリートメントしてるからすごくきれいになるよ、とか

ましてや

○○割引だから来てね、とか

そんなことではなく。


「どんな人がやってくれるの?」

その不安を払拭するためのツール。


最近はとくに

スーパーへ行っても

あのレジの人が感じイイから、とか

同じ系列のコンビニでも

少し遠くてもあっちの店員さんのほうが雰囲気いいから、とか

そんなコトを思ってます。


それは私たちの仕事も同じですね。

あなただから。

あなたにお願いしたい。

そんな風に思ってもらえたら。


あなたに会いたいから、きたょ、なんて。


そんな風になれる近道にあるのが「似顔絵」なんですね。


ちょっと割りましなくらい若々しく可愛くかっこ良く描いてくださったイラスト。


ガンガン活用できるよう、

がんばりまーす( ´ ▽ ` )ノ

長くて大きくて、素敵な爪 

今日は施設での出張カットでした。

こじんまりとした家庭的な雰囲気のところです。


お茶しながら

みなさんで歌っては手拍子したり。

童謡もいいけど

懐メロになると

がぜんイキイキしてるしo(^▽^)o。


体の小さな、車椅子のおばあちゃんをカットするとき

準備にカットクロスを巻いてると

体のわりに

爪が目立ちます。


「わぁ、爪が長くて大きくて素敵♡」

思わず言うと

「恥ずかしくってね~」


え~なんでだろう…。

ちんちくりんなわたしのつめと違い、

うらやましいくらいの形なんですよ。

昔の人には

そんな感覚なのかなぁ。


それでもね。


ちょっとうれしそうなおばあちゃん。

こざっぱりとカットして

「ありがとうね」

って、にっこりされました。





もうすぐ春ですね( ´ ▽ ` )ノ

アイロンはスタイリングのお手伝いなのであーる 



今夜は夜間講習会。

飛田先生のアイロンでのクリープパーマです。

…て、なに?

コテコテのアイロンパーマとはちょっと違う

乾いたときに威力を発揮するアイロンの良いところを使って

スタイリングをやりやすくする髪の毛をつくるわけです。



こんな




こんなかんじから、スタート。

薬液処理をひとひねりすることで

時間短縮するだけでなく

髪の毛、頭皮のダメージを最小限にしながら

パーマの効率はアップ、という

夢のような(笑)。



薬液つけて



アイロンあてて





途中、何度も髪の毛の手触り感を確かめます。

うーん、ゴワゴワしてない~。





こんなんなりました~~( ´ ▽ ` )







今までの【アイロンパーマ】とは

雰囲気違う~?


ドライヤーあててると

いい感じになるのですょー。


やってみたい?どお?


お出かけ前のスタイリングがラクチンになるかもよ~♡

雪の音 




今朝はまた雪でしたね。

思ったより少なくて

影響もあまりなかったかな。

雪国生まれだから

雪は見慣れてるはずだけど

東京で見る雪は田舎のとは違いますね。


非日常、みたいな(笑)。


夜中に雪が降り積もるときの


なんともいえないあの雪の音。


雪国にいないとたぶん聞けないですね。


静けさが深くなる、そんなかんじ。



秋の夜中とはまた違う。


冬の雪国。


訪れてみませんか( ´ ▽ ` )ノ

あてにされる 

そういえば最近お見えにならなかったな~

そんなお客様からのご予約。

いつもよりずいぶんと髪が伸びてます。

入院されてるとのこと。

手術したからおそるおそるシャンプーしていたそうで

ちょっと湿疹みたいになっています。

ただシャンプーしてもだめなので

ホホバオイルで溶かすようにもみ洗いしてみました。

こんなふうになるといっぺんにはとれないので

お客様にもこんな風にやってもらうように話しました。

「あぁ気持ちいい、こんなにていねいに洗ってもらって」

頭が痒いのはつらいですものね。




伸びてしまった髪をバッサリ切って

シェービングしたら

「カミソリで剃るのは久しぶりだ、気持ちいいよ」と。

入院はまだリハビリが続くらしいです。

不自由もあると思います。



「病院でも安く髪を切ってくれる人が来るけど、やっぱり石川さんに来たかったから」


そう言ってもらってありがたいです。

しみじみとうれしく思います。

質問されて気がついた 



中学生さんたちが職場訪問に。

ひとりずつ質問を考えていて

それにこちらが答えていく、という形でした。


何年目ですか?

工夫していることは?

働く時間は?

ハサミはなんこある?

清掃は何時間?

お客様とどんなコミュニケーションをとってる?

休みはいつ?

大変なことは?

楽しいことは?



それぞれ考えてくれた質問です。

その中で

カットする以外にどのような仕事をしていますか?

という質問がありました。

シャンプーや顔そり、パーマとか…なんて言っていたら

「エステはなんでやることにしたんですか?」

先に中を見学して

エステルームを見た男の子からの質問です。




なんで…なんでだろう。

新しい顧客の開拓?それもあるだろうけど

とっさに出た言葉は

好きなこと、やりたいことをしたかったから。

それを後押しするように

「店主として、スタッフがやりたい!っていうことをやらせたかったんだ」

とマスター。



進路を選択するときには考えたことのなかったこと。

【やりたい仕事をやる】

典型的な「でもしか」だった自分。

30年たってようやく、

やりたいってこれだ!

を見つけたきもちです。


中学生くん、ありがとう。


いちばん勉強になったのは

わたしかもしれないな(^-^)