ころす気で立ち向かう 

物騒なタイトル、ごめんなさい。

最近いらしてくださるようになったお客様。
学生ボクシングの選手です。

四国では敵がいないくらい、有望な選手です。

だけど、とーっても優しい顔立ちなんです。

ヘアスタイルは短髪にキメ、
「眉は細めでお願いします」

やっぱり顔も厳つくしなきゃね!

「ころす気でむかいます」

え!?(;゜0゜)ほんと!?

そしたらマスターも
「俺は剣道だったけど 袈裟斬りのつもりで(息の根を止める?)やったな」

おお!
どちらも一対一の真剣勝負。
気迫がこもるわけですね。


さて、その試合は8月半ば。
ぜひ勝ち抜いて、
全国大会でもがんばってね!!!


床屋のおじさんおばさんがついてるぞ~o(^▽^)o

イオンと東急 

祝日の定休日。

人混み苦手なので
一日引きこもる予定でしたが
貧相なムスコに着替えを買うために(笑)
イオンへ行って来ました。
GUでイイよという健気なヤツです。
助かるわぁ~(笑)

車を入れるところを探すところから
イオンは大変なめにあいます。
平面も立体も【満】で
みな戦々恐々としているかんじ、

ちょうど出るところの車があったのでよかったけど。


すごいね~。
もちろん中もコミコミでした。

で、お次はわたしの用事で東急へ。
東急といっても、あきる野市にあるのは
ストアだけど。

こちらはそんなでもなく
どちらかというと平均年齢高そうな雰囲気。

ドトールも祝日にしては席があったし。

わたしみたいなタイプには
こっちの方がいいのかもしれないです(笑)


イオンの集客。
東急の雰囲気。

大型店とうちみたいな店は
まるきり比べものにはならないけど

どっちがいいんだろうなぁ。

あ、
もう少ししたら
コメダ珈琲もできるそうです。
ちょい楽しみだ~(^^)

住込み時代の思い出 



東急ストアの中のカレー屋さんに来ました。
インドの方❓厨房から聞こえる会話は
異国の香り(笑)


福生駅の近くにあった
小さいけど好きだったカレー屋さんが
いつの間にか閉店していたんですよねー。残念。

なぜ、インドカレーがすきなのか。

それは住込み時代のこと。
なけなしのお給料ですが、
講習会の帰りに寄ったカレー屋さん。

それは高校生までいた弘前では
味わったことの無いカレーと、店内の雰囲気。
全てが未知の世界でした。
東京~~~!てかんじね(笑)

そのとき食べた
ナンも
チキンも
シシカバブーも
スパイスたっぷりのチャイも
もちろんカレーも
そして、チャツネ!

いっきにトリップした気分。


あの気さくな笑顔と
田舎では見ることのなかった浅黒い肌の人。

全てが異国の味わいでした。


いつだったか、
青森県からあまりでたことのない母を
上京したとき連れて行ったよなぁ。新し物好きの母はずいぶん喜んでくれたよなぁ。
あ、わたしの新し物好きは、母譲りだったのか(笑)。


検索してみたら
当時のお店は閉店している模様。

月日は流れていたのでした。





福島ふくしまフクシマ 

震災以来、
ご実家には戻れないというお客様。

この夏はお父様の新盆だそうです。

「避難所は、お年寄りには辛いわ」
あのときの数日間で
高齢のお父様にはかなりの負担がかかったと。

そうですよね。
寒いだだっ広い体育館は
トイレに行くのもままならず
3日で参ってしまったと。

あれさえなかったら
もっとこうだったら

「たらればは言ってもしょうがないけどね」
とチカラなくほほ笑むお顔に
思わずもらい泣きしそうでした。


誰かがどうすることもできないけど
どうにかなってほしい

そんなきもち。