いっぱい過ぎると選べない 

先日、着物屋さん見てきました。
成人式のためのレンタルです。
急に思い立って行ったことでもあり
予備知識無しでのいきなりで(笑)。

吊るしてある他に
棚には畳まれた着物が数え切れないほどあり。

色から言っても絞り切れませぬ。

羽織らせてもらうもの、どれも素敵で
どれも決めてが無い。

ヘトヘトになって戻りました。

で、頼るべきは義姉。

美容室をやってる義姉の店に数点持ち込んでもらっておきました。
好みの色だけ伝えて。

四点からだと選びやすいものですね。
色とサイズを絞って、
もう一回選ぶことになりました。
今回のもので決まるかもしれないけど。

今日わかったこと。
親子して優柔不断というか、
選べないヤツらだなーってこと(笑)

父、邪魔しちゃいけません 

月曜日、マスター所属の研究団体のコンテストがありました。
マスターは裏方でお手伝いさせてもらってます。

専門学校生として、ムスメも参加させてもらいました。

父、邪魔しちゃいけません(笑)
そして、鼻の下伸びすぎだよ(笑)

望みはポックリ!? 

今日のお休みは
老人ホームでの出張理髪でした。
半数が車椅子の方で
小ざっぱりとカットすると皆様喜んでくださいました。

わたしの何年か先はどんな風になってるのだろう。

お客様のなかには
毎回のように、年のこと、病気のこと、亡くなった同級生の数を話される方があります。

いつかはくる、その日。
苦しまないでポックリいきたいですー、、、なんてふうに私自身は考えてます。
だから、ものすごーくは長生きするよりは
ある程度でポックリ、、なんてね。
そんなの今まだ50代だから言えることなのかもしれませんね。

そのお客様は
「おれは長生きしたいなぁ、金さん銀さんくらい生きれたらいいなぁ」

わたしはどうだろ。
うーん、むずかしいね。

自分の手札は 

子どもの頃、家族で【ばかっぱな】をよくやりました。

ばかっぱなっていっても
きっとわからないよね。
花札というカードゲームみたいなものひとつです。
それも、現金をかけてやるんだから、どんな家族じゃーーって
いま思うとおかしくなるけどね。

お盆やお正月に母の実家に行くと
いとこ同士でやるんですよ、お年玉で(笑)。

配られた手札に
すでに役ができていたり
大物手札が何枚もきてたりとか
始めから良さげな手札のときは
それを手放したくなくて
ついつい小さくなってしまうわけで。

カスだらけだとがっかりはするけど
大胆になったりしてね。
配られた手札の全部がカスだと
場に晒して
その分、役の点数をもらうわけだけど
自分の手札を全部晒しながらやるのって
けっこうすきだった。

駆け引きで
下にいるのに上になってるような
不思議な感覚。
もうずいぶん長い間やってないけど
急に思い出したのは
いまの自分が
【晒し】の状態にいるのかもしれない。

52歳突入して
コワイモノは少なくなった。
お楽しみはこれからだ。