ありがとうをありがとう 

今日は

お世話になっている、老人ホームさんでの出張理髪でした。


こちらでは

ほとんどが女性。

男性は1割いらっしゃるのかな??というくらいの割合です。


「○○さんです」

と言われただけで、

「短くして」との職員さんの言葉に

言葉のまま、スッキリとベリーショートにカットしたマスター。

「こちらは何才ですか?うちのおやじくらいかな(86歳)」



なんと、マスターがやらせていただいたのは

最高齢、102歳の方でした。スゴイ!!


ここまでくると

なんだか、男性とか女性とかを超越しているかんじです。


いろんな方が入所されていて

なかには待っている間に

職員さんとおしゃべりしていて、

それが昔話や身の上話、

たまにこっちでカットしながら

うるうるしちゃうわたしです。


「いつおむかえがきてもいいように、きれいにしとくだー」 

とか

「こんな無駄飯食いはどうしよーもねえ」

なんて言う人に

「いいのよ、いままで一生懸命働いてきたんですもの」

と答える、同じ入居者さん。


ちょっとブラックだったり

現実すぎて答えにこまるときもあるんですよ。



そんななか、

毎回カットだけでなく

お顔剃りをされる女性がいらっしゃいます。


今は車椅子ですが

こちらに入る前は

都心のど真ん中で

デパートめぐりを楽しんでいらした事を教えてもらいました。


デパートブランドのお化粧品がお気に入りだった…なんて♪

そんな方にお顔剃りをやらせていただいて

気持ちいいと喜んでもらえてるって

なんだかこちらもうれしいです♪


老人ホームでかんじたのは

「ありがとう」

の言葉をたくさん聞くこと。


ありがとうを言う人は

長生きなんだなぁって思います。


今日もよい日でした。

みなさまお疲れさま。

ありがとうございました







コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1058mama.blog31.fc2.com/tb.php/1437-8c13a91b