見送る見送られる 


実家が遠いから

里帰りはせいぜい年に2~3回ですが


このお正月は反対に

実家の父にこちらに来てもらいました。


自家用車を買ってから

公共の乗り物にはほとんど乗ることなく数十年。


切符はこちらで手配して

乗り方なんかを手紙で書いて。


まるで「初めてのおつかい」(笑)。


母が亡くなって初めての上京でもあります。



親戚やわたしの妹家族も来たりで

ワイワイの数日間。


今日はその父を東京駅まで見送りに。




出発までの余裕をもった時間に


銀の鈴で座っていたら

父の腕時計が止まっていました。


そんなことから

以前、気に入っていた腕時計の電池交換に行ったら

時計屋さんが壊してしまい、しらばっくれられたこと、


大きな掛け時計が遅れるからと、

休みに修理に出そうとすると何故かなおって、

でもやっぱり遅れてしまうこと。


……とりとめのない話をしていたら

そのうちに

母の最期のことに。



今まで何度も聞かされた気がするけれど

あらためてその日の様子や
父が最後に見た母の涙のことなど

聞いてるうちに涙がぼろぼろ。





夜になって

テレビでやってた

『おくりびと』の映画。


いろんな思いが重なって

水分抜けたかもしれません(笑)。




いつかは見送ることになること。


反対になる不幸だけはしないように。



なんて、おセンチになりましたヨ。




明日から元気にガンバリマス。



写真は


父にご馳走してもらった、

回転してないお寿司。

美味しかったよありがとう\(^o^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1058mama.blog31.fc2.com/tb.php/1813-67548721