28年前 

成人式のニュースを見て。

きれいな晴れ着で嬉しそうな新成人のみなさんたち。

あらためておめでとうございます。


ニュースでは、

やんちゃな様子も映していましたが、


そんなのばかりじゃ、もちろんなくって


ハタチなりの抱負や考え方を堂々とマイクにむけて話す様子も。


頼もしいですね。


被災地に

ボランティアでヘアメークな着付け、

晴れ着の貸し出しなど

心が温まるニュースもありました。



そんなニュースを見たからか、

自分のはるか昔のことを思い出しましたよ。



高卒で、

理容店に住み込みながら専門学校に通い、

放課後はお店に出て、

土日はもちろんお店。

お給料は少ないから

一週間あたり1万円で(笑)。

それは学校でのお昼代や電車賃にカツカツで。


自宅から通う友達のお供で新宿の伊勢丹に行ったときは

カルチャーショックというか(笑)。



その友達と駅ビルぶらぶらしていたら

呉服屋さんにキャッチされていて。


もう、上手に引き離してくれるんですよ(笑)


わたしはいなかっぺ丸出しだったせいか

数人の店員さんに囲まれて

気が付いたら振り袖のローンを組んでいました(泣)


仕事を達成したら解放され、

友達にその話をしたら

「ええぇ!わたしはおしゃべりしてただけだよ~」とのこと。


カツカツがさらにカツカツになったのは

言うまでもありません(笑)。



振り袖といっても

帯や小物は別物なので

結局は

親や祖父母のお世話になりましたが。



床屋の子どもとして育ったこともあり、

それまで美容室には行ったことがなく、


ヘアセットと着付けの予約だけはなんとかしましたが

髪には髪飾りをつける…なんて、

まったく頭になく。


見かねた美容師さんが

ちいちゃい花の飾りを貸してくれました。


成人式といっても、

昔は15日だったですよね。


ありがたいことに、

住み込みしていた地域の理容組合で開催してくださいました。

あんまり覚えてないけど。

理容学校でもやってくれたかな。


その頃の自分には

ニュースでインタビューされていた人たちみたいな

気構えや考え方なんて、なかった気がする。


必死というか、

いっぱいいっぱいで。


とにかく五年がんばる、ってことだけ。


いま思えば、恥ずかしいです。


二回目の成人式もとっくに越えて

いい大人のはずなんだけれど

いまだにまだまだな自分でございます。



これからも、よろしくわたし。

コメント

No title

成人式

若気の至りというか
美容師の母に
「セットは自分でやる!」
と宣言して自分でやっちゃいました・・・
自分でセットなんて毎日できるんだから
母にやってもらえばよかったなあって
もう10年以上過ぎているというのに
成人式のたびに思います

No title

harumiさん…。
キュンとなる思い出の方が
ずっと心に残りますね♡

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1058mama.blog31.fc2.com/tb.php/1818-9758e0e1