めざしとヒイラギといり豆 

2月3日の節分祭の式典に参加したマスター。

次の日からお客さまに話すのは

「節分祭のめざし、うまかった~」

今年は、寒かったよりも

めざしの印象の方が強かったのかな(笑)。


ところで

どうして節分には

めざしの頭とひいらぎを玄関先に飾るのか

知ってますか??


わたしは知りませんでした。

節分には

豆をまいて鬼は外ーと叫ぶものかと。。。


それに

実家ではいり豆じゃなくって

落花生まいてたし。

あはは。

どこに落ちても全部食べられるからね♪



で、めざしのお話。


鬼が

生臭いめざしにつられて寄ってきても

ヒイラギのとげで鬼はひるむ。

そして豆をぶつけられて退散するのだけれど

ナマの豆だと

土に落ちて芽が出てくるから

鬼がそれを目印にして仕返しに来てしまう。


そんなことのないように

ナマの豆でなく

炒った豆をぶつけるんだそう。


うふふ。

ほんとかな(笑)


わたしのお話はつまんないけど

宮司さんのお話だから・・・ね☆




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1058mama.blog31.fc2.com/tb.php/1851-e986ce93