感動を、ありがとう 

甲子園の暑い夏も

今日の決勝戦で幕を閉じましたね。


子どものころから高校野球がすきで

夏休みのお楽しみでした。

あ、春もだけどね^^


思い出は

箕島高校の尾藤監督や

池田高校の蔦監督。


牛島選手や愛甲投手もすきだったなー。


高校は女子高でしたが

クラスの高校野球大好き女子グループで

甲子園まで観戦に行ったのは良い思い出です。


今回は

青森県代表の光星学院と大阪桐蔭。


やはり地元びいきになってしまいますね。



甲子園は、後のない一発勝負。

それだけに、伝わるものがありますね!


代表になるだけでもすごいことなのに

勝ち進んで、最後の一校になる。


頂点に上がるのは

実力はもちろんだけど、

それだけではないんじゃないかな。


決勝戦に負けて泣いてる子もいたけれど

主将の田村選手は「泣かない、胸を張って帰れる」と。


最近はなかなか見る機会がなく

スポーツニュースでの結果くらいでしたが

昨日、今日とテレビ観戦でファンになってしまったのも

光星学院の田村選手。


やっぱり、ニッコリが似合う

楽しんでる選手が、すきなんだな~♪


見ごたえある試合を、ありがとう!!


コメント

私は、早稲田実業の荒木ダイスケ投手。キミの買ってきた甲子園の砂入りのクッキーのお土産が忘れられません。チアもやってきたんだっけ?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1058mama.blog31.fc2.com/tb.php/1985-b1ff87b6