スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪 

北日本の大雪、

想像以上に大変なことになってますね。

酸ヶ湯温泉は五m超え!?

その、酸ヶ湯温泉の次に多いんじゃないかってくらい

実家の方も降ったみたいです。

朝まだ明けない時間から

雪かきしないといけないし

日に何度もしないといけないし。

窓の高さまであるから、

家の中が暗いよって嘆いてました。



これがね。

エネルギーに変換できたり

雪かきの労働に対価があればね。


雪のない東京は


それだけで有難い有難い。

コメント

はじめまして

ネットサーフンから見つけました、
こちらへはお初です、
三重県松阪でトコヤやってます、
こちら田舎では廃業ラッシュです、

理容は若者のなり手が少なく、美容院だけが乱立状態、美容50軒分、理容一軒の割合です、

理容は一杯良い技術あるのに、みんな流行りにおいてゆかれているっ感じ、寂しいけど、
現実か、でも意外に

一点光明がさすのは美容界に無い、技術の
追求にあるのかもです、

Re: はじめまして

kamisiroさん
コメントありがとうございます。

衰退産業といわれているらしい理容業ですが
まだまだ熱く頑張っている仲間がたくさんいますよ!

実際、自分の実家は青森県で理容店をしておりましたが
若い方は街場の低料金店に行ってしまう・・・となげいておりました。

それでもむやみに「がんばろう」だけでは無責任だと思いますが
コメントをよませていただくとkamisiroさんはわたしなんかよりずっとお若いように思います。
理容の良いところ、自分自身のよいところ、がんばっているところを
いっぱい発信して、
《理容って、こんなに良いんだよ!》
《理容師になろうよ!》
っていうことを広げていきましょうよ☆

・・・ってついオバサン熱くなっちゃって失礼しました^^。
FBもやっていますので、良かったらそちらでもよろしくオネガイシマスネ!




  • [2013/02/27 19:21]
  • URL |
  • 床屋のママです。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

返信ありがとうございます

>わたしなんかよりずっとお若いように

いえいえ僕のほうが多分年上でしょう、
孫4人いますから、要はパンチ世代最後の職人
といえます、ぼくとこ主軸はアイロンパーマ、市外のお客様が多いと思います
何軒も断られ続け、当店にたどり着くという
ケースが多いみたいなんです、

こちら市内では50歳台以下のお店は殆どパンチやってません、勿体無い話です

ケーブルテレビのダイナミックグローブというボクシングの生放送を欠かさず見てます、

先取りしたヘアースタイルが見れるからです、ライン、バリアート、レザーアートは
当たり前で、モヒカンニグロ、それにラインを入れる傾向がでてきてます、

この技術は最近若者の間で静かなブームが
起こっているって感じ、その内、地方のお店にも
来店される日がくるでしょう、

昔、清水健太郎、パンチ佐藤が現れた当時と
ブームがよく似ているって感じがします、

当店でもそろそろこの技術が必要とされる
お客様が来られてます、いざやってみると
面白くてはまります、回転は早く1週間から10日に一度のペースです、

バリアートはバリカンで模様を彫る技術、これは美容業と競合したものですが、
カミソリを駆使できる、理容業のほうが最終的には有利でしょう、

今後生きのりをかけるには、アイロン、顔そりエステ、レザーアートに力を入れるべき
だと思えます。美容とおなじことをやっていては生き残れません、、長文にて失礼しました。

Re: 返信ありがとうございます

kamisiroさんこんにちは♪

すごい!バリバリアイロン掛けてる様子が伝わります!
アイロンって
昔っぽいとか古いっていう印象があるのかもしれないですが
また新しい技術として
これからの需要に必要な事なんですね。

うちではマスターが頑張ってくれているので助かりますが
修行中の息子世代には
現状ではあまりアイロン技術を経験できないようなかんじではあります。

レザーアートも、理容ならではと言いたい仕事ですね。
kamisiroさんがおっしゃるように
アイロン、顔そりエステ、レザーアートを得意として打ち出していくことが
独自化につながっていくんでしょうね。

気づきのいっぱいあるコメント、ありがとうございます!!!
またよろしくお願いします^^
  • [2013/03/01 11:49]
  • URL |
  • 床屋のママです。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ついつい書いてしまいます

>昔っぽいとか古いっていう印象があるのかもしれないですが

仕事のことに対してはついつい書いてしまいます、迷惑では無いでしょうか?
今の若者のはとぼやきたくなる気持ちは
わかりますが、床屋もそんな気持ちでは低迷するばかり、
何でこんなに低たらくになってしまったんでしょうか、

最近案外そうでは無い傾向が

みられます、こんなおっちゃんの床屋へなぜ、若者が、、、、20歳から25歳前後が
注目する技術って何?

最近目立つ、、何がし戻ってくるというのは
要望が、それって何?ぼくも解らないんですが、

要望は最近の頭はワンパターン過ぎて何とか目立つヘアーをしてほしいということ、最近、震災刈り、モヒカンを土台した髪型、

それと50歳~60歳のおっさんにしては
ある程度画期的な自分自身のヘアーの頭も必須、おっさんはおっさんの頭していては

若者は来ないということ、僕も一応、頭は
ソフトパンチに2ブロック、ヤン毛相当伸ばし金髪です、

それと僕の経験から言うと、銀行にかぎりますが、借りる枠があればどんどん相当金額は借り入れすることが大切に思えます、借り入れ目的は運転資金、改造資金、何でも良いです、実際はやらないですが、そして返済分は今までの浪費を削って返済する、その分余裕の金額が残ってゆく結果に繋がります、大体根抵当があれば
3%、、保障協会なら8%まででしたらOKです、

返済しなければと思うと、今まで思いもよらなかったアイデアとやる気が生まれてきます、ある程度蓄えがあり、高年齢になると
やる気が無くなり、仕事にでるやる気の無さはお客さんも感じ、確実に減らします、

それと大阪ではおばちゃんパンチ、関東でも
おばちゃんパンチがいます、三重なんかでは
アイロンで巻きますが、関東ではチリチリニグロ系コールドパーマを言うそうなんです、

関東から引越しされてきた、おばちゃんがパンチかけてというのでアイロンやりはじめたら、いえいえ違うんですロットで巻くやつ、、、ふ~~~ん、そうなんだぁ~。

50歳以降のおばちゃんパンチは収入としては良い感じ、それにカオソリが付くので
喜ばれてます、年金生活の人たちにもすこし
安い金額が人気あります、

最低でも5000円~より、がベター、僕の
店にも固定客がみえますが、気をつけないと
いけないのが細い髪質、なんで低温度でなるべく毛を痛めないようにかけます、

これは慣れれば6ミリ~8ミリアイロンで十分いけます、若い子は若い子なりに割り切った髪型、老年はそれなりに低料金に徹することも大事に思えます、定年を迎えた人達は、半分は低料金へ流れるぐらいに
考えて置いたほうがよさそうです、その分新しい客層を迎える、その準備は必要かな、

それでは仕事なんでまた、、。

Re: ついつい書いてしまいます

kamisiroさん
お仕事ノリノリですね!
選ばれるのはやはり日々の努力と、kamisiroさんの魅力なんですね♪

昔のように、店を開ければお客さまが待っている・・・そんなことはもうなくなって
久しくなりました。
いらしてくださるお客様を大切に、
また次回もうちのお店にいらしてくださるように、と
そんな毎日です。

わたしはお顔そりエステをがんばっていきたいので
その方面で集客できるよう
自分なりに努力しておりますが
なかなか結果がついてこないです。

アイロンでのパーマは
若い方でもHPなどで探してきてくれる方もいらっしゃるので
まだまだマスターにはがんばってもらわなくてはいけないです(笑)

仕事を楽しんで日々がんばりたいです。
では・・・。
  • [2013/03/03 00:03]
  • URL |
  • 床屋のママです。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1058mama.blog31.fc2.com/tb.php/2587-7dd61699

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。