よくないこととよくなることと 

親戚で不祝儀がありました。

近い関係の親戚ですので
葬儀に関して、段取りとか動くことの多いウチの人に
わたしもついて行くこともありました。

それまで
顔を合わせたことはあっても
それほど話をすることも無かった親戚の方々と
いっきに近くで話すこととなり。
親近感というのか、関係性が深まったというか。

不幸というのは
悲しいことであり、良いこととはいえません。
が、このように
身内が話す機会が増えたり
チカラを合わせて物事に取り組んだりと
身内の絆を深めてくれるのですね。

ウチの人の従兄弟の方と
こんな風に話をしたことはなかったから
なんだか【こっち側の人】の一員になれたようで
ちょっとうれしかったです。

亡くなったおじさんは
よく声をかけてくれる思いやりのある方でした。
おじさんお疲れ様でした。
安らかに。。。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1058mama.blog31.fc2.com/tb.php/2741-ad4db228